出会い系でモテる女性になるには!(メール編)


出会い系でモテる女性には良い縁が集まってきます。
そのためには出会い系でもモテ女子目指して、いろいろと気をつける点があったりします。
こちらのページでは、女性側に立って気をつけるべきメールテクニックをご紹介します。

女性の会員数は少ないので多くの出会いがある
出会い系サイトに登録して女性が驚くのが、自分に届くメールの多さです。
急に自分がモテたかのように錯覚してしまい、胸が高鳴ってしまうかもしれないですが、出会い系サイトは男性ユーザーが多いため
新規登録した女性には、多くの男性が殺到する仕組みのせいで一時的にモテているに過ぎません。
出会い系サイトを登録して時間が経つにつれて、ドンドン貴女に集まるメールの数は減っていってしまうのが現状です。

それでも男性に比べて女性は放っておいてもメールは必ず届き続きます。
しかし、そこでの対応次第で、貴女の人気がなくなっていってしまうので注意が必要です。

男性側はポイントを支払って貴女にメールを送っている事を理解しましょう
まず最初に理解すべきことは、出会い系サイトにおいて、お金を払うリスクを負っているのは男性だけということです。
女性側は大抵無料で登録でき、システムを利用できます。
貴女の元に毎日届くメールは、男性はお金を払って貴女にメールを出しているのだということを理解しましょう。
そうすることによって、貴女は気のない男性に、期待を持たせるようなメールを出すことを控えたり、相手の立場を思った対応ができるようになります。

気の合わない相手にはお断りか、メールを返さない優しさ
優柔不断な女性にありがちですが、メールをしているけどこの人なんか苦手だなーとか、この人嫌いだなーと思う事があります。
そういう人とは自分は会う気にはなれないのに、断れずにダラダラメールのやり取りを続けてしまい、結果として男性に自分には気のないのにお金を大量に使わせてしまう事があります。
それは優しさではなく、男性側からしたら「出会いに繋がらないのに無駄な金を使わせる女」として、サクラや業者扱いされてしまいかねないパターンです。
そうなってくると、相手ももちろん怒りますし、貴女自身が不快な思いをさせられる事になる可能性もあります。
ですので、メールの段階で気に入らない相手には、お断りのメールをするか、むしろ返事を出さずに無視してあげるほうが、相手にとっても自分にとってもプラスになります。

気になる人にだけメールのやり取りをしよう
毎日届くメールから自分が気になる人を「選ぶ」ということが女性側はできます。
趣味が合いそうな人をピックアップしてメールをやりとりし、話しているうちに「やっぱこの人とは性格が合わなそー」となったらお断りかメールを返さない事を繰り返していきましょう。
最終的にメールのやり取りが続いた「お気に入り」の男性には、できれば自分が納得した段階で個人メールなどの交換をし、男性側の金銭的負担を思いやってあげましょう。
出会い系サイト上でメールのやり取りを続けるには男性の負担が大きくなってきてしまいますので、自分が納得して相手を信用してもいいなと思ったら、直接やり取りできる
連絡先を教えて上げるのが心遣いの一つです。
携帯メールやラインを教えるのが嫌なら、ヤフーなどで配布される無料のメールを出会い系サイト用に取得しておくのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>