出会いはどこにあるか考える〜出会いの種類4つ〜


家にいるよりも外にいる時間の方が長いはずなのに(仕事や学校などで)
”出会いがない!!””出会い方を忘れた””出会いって何だっけ?”。
一度は検索エンジンに教えを請うたことがあると思います。
外にいればどこかに”出会い”が転がっているのではないかと思いますが
そもそも”出会う”ためには自らアンテナを張り、行動を起こさないとならないようです。

☆”出会い”を思い出すところから
”恋愛”を始めるための”出会い”方を忘れてしまった人。思い出しましょう。
私たちが生きている現代ではライフスタイルにあった”出会い”の方法を選択することができます。
合い言葉は”とりあえず やってみよう”です。

*出会いの種類
・合コン
同等数の男女が群れを成し、レストランや居酒屋でお互いの良いところを戦略的に披露し合うキラキラした飲み会のこと。
職場や学校、友人達との会話で一度は出てくる言葉 ”センシューノゴウコンデサー”。
この言葉が出たら、すぐに食いつきましょう。合コンに行ってる人は合コンの機会を呼び寄せます。
運命の”出会い”までに長期戦になるかもしれないので、仕事の後に時間を作ることができる人にお勧めする”出会い”。

・友達の紹介
友人の卒業アルバムや、SNSにアップされた写真などをみて、「この子紹介してよ」から始まったり、
とても良い友達に恵まれ自身の素行が良いと、”紹介したい子がいる”から始まることもある。
とにかく周りに”いいひといない?”と聞きまくり、SNSをこまめにチェックしてみましょう。
お互いを知っている人物から紹介されるので、安心感のある”出会い”。

・職場・学校
睡眠時を除く一日の中で、最も長く過ごす場所での”出会い”。
今いるその場所は一般的な”出会い”の場所なのです。職場には”ときめきの喫煙室”という限られた”出会い”の場もあります。
既に顔見知り、そして同じコミュニティーに所属しているので 相手の素性がわかりやすく、必然的に共通の話題の多い相手と出会うことになる。
お付き合いに発展し、解散することになると頭を抱える可能性を秘めている”出会い”。

・出会い系サイト・アプリ
任意で登録したサイトを介して、プロフィールや写真を見ながら相手を選ぶことができる。
最近の出会い系アプリではSNSを使ってログインし(SNSに登録していることは表示されない)写真や、
共通の友人がいるかどうかなどを確認してお互いに気に入った場合のみアプリ上でメッセージのやり取りをできるものまである。
日本人だけでなく世界中の人と出会えたり、年齢や職業までさまざまな人に出会える。
数年前よりも、抵抗感なく始められるようになった出会い系サイトやアプリは、スマートフォンを常に持ち歩いている昨今に
マッチした出会いの場なのかもしれません。時間も場所も関係なく始められる”出会い”。

[参考]https://deai-univ.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>